BLOG

ノマキャン名物復活!『お楽しみ食材』はサツマイモ♪【NOMA-DAY-CAMP with プチノマキャン】

今週金曜日にお申し込み締め切りを、来週末に開催を控えました、2022年ノマディカのコト初めイベント『NOMA-DAY-CAMP with プチノマキャン』!!
お申込みいただいている皆様、どうもありがとうございます!!

寒い中お越しいただく皆様に1秒でも多く笑って心をぽかぽかにしていただけるよう企画中のコンテンツについて、続々お知らせしております♪

今日ご案内するのは『お楽しみ食材』!

『お楽しみ食材』とは、”ノマキャン”の略称でおなじみの、ノマディカのゆるゆるバイクキャンプイベント『ノマディキャンプ』でかつて恒例だったコンテンツ。イベント開催地にちなんだ食材を参加者の皆様にお配りして、その日のキャンプ料理のお役に立てていただこうというものです。旅の楽しみとして、”食”は重要ですものね♪ もちろん常温OKのものでしたら、そのままお持ち帰りいただいてもかまいません。

浜名湖ではうなぎを、軽井沢ではベーコンを、小豆島ではそうめんを、群馬では大鍋におきりこみを作ってみんなで分け合ったなー♪

そんな『お楽しみ食材』が帰ってくる!!!!
お配りするのは、みんな大好き…

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
 ♡♡サツマイモ♡♡
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

サツマイモは「薩摩芋」と書く通り、中国から鹿児島に渡ってきたのが日本での起源。そしてその栽培と言えば、歴史の教科書にも出てきた蘭学者・青木昆陽ですね。人々を飢えから救う作物として、日本に栽培を広めたわけですが、ノマディカの中の人の乏しい記憶力はそこまででした。

さらに調べると、昆陽さんが試作を始めたのは鹿児島ではなく、なんと千葉! 今の幕張なのだそうですね。そして今では、鹿児島、茨城についで生産量、全国第3位!

というわけで、昆陽さんに改めて感謝をしながら、みんなでサツマイモを愛でましょう!!

デイキャンプでご参加の皆様には、スタッフが焼き芋にしてお渡ししようと思っておりますので、受付時に「焼き芋」か「お持ち帰り」か、どちらかご希望をスタッフに伝えてくださいね♪